離婚してよかったと思うが、役所の手続きは大変

幸せな結婚生活を夢見て始めた結婚生活。しかし、待っていたのは地獄ともいえる生活。一番辛かったのは精神的苦痛でした。私の仕事は、8時間勤務に残業は当たり前。帰宅する時間も19時は余裕で過ぎています。夫も20時か21時に帰宅するのも当たり前。だから、二人ともにつかれて家事もままならない感じでした。

 

でも、幸せな新婚生活に憧れていた私は、文句も言わず毎日家事をこなしていました。しかし、一人目がお腹にいるときにつわりで寝込んでいた私に夫は「具合悪いなら寝室に行って。邪魔。」と一言・・・。私に大丈夫?の一言もなく妊娠してからは毎日泣いていました。出産すれば変わってくれるかもしれないと思い我慢していましたが、やはり人の性格はすぐには変わらず。

 

家事も育児もしない夫、疲れたといって全く私の心配もしない夫。さすがにこの人とは幸せになれないと思い、離婚を決意しました。離婚するなら、仕事復帰する前にしたいと思い行動に移しました。今では、役所に行かずともインターネットで離婚届けが手に入る時代。色々調べました。夫に文句も言ったけど全く聞く耳持たず、離婚したいと言ったら俺の方がお前と別れたかったという始末。すぐに離婚準備を始めました

 

結婚の意味があったのか、涙がでましたが娘という宝物を支えに二人で生きていく決心をして生きています。人間、夫婦じゃなくても生きていけるし色んな福祉政策を調べ上げて自分に有利なものを調べつくしました。役所は知っている人が申請すると手続きをしてくれるところ。親切にこんな制度があるよと教えてくれません。今の社会制度ならしょうがないと思います。