宗教家に嫁入りし辛くて離婚した話

これは私の妹の離婚に関する話です。
私の妹は、22歳で子供が出来て結婚することになりました。
相手の方は妹と同じ22歳でまだ働き始めの会社員の方でした。
会社は中小企業で歳も若かったので給料もあまり良くは無かったので妹は大変苦労していました。
しかし、それよりも妹を苦しめたのは旦那家族が熱烈な宗教家だった事でした。
妹はその宗教を嫌がっていたので旦那と付き合っている時から付き合いを続けていっても大丈夫かと不安だったそうです。
そしてその不安が的中することが始まりました。
旦那の親がその宗教に入信するように強く勧誘してきたそうです。
結婚することになった時は、宗教は個人の自由だからといっていたにも関わらず、嫁になったんだから入信するのが当たり前だと怒鳴り散らされたそうです。
妹夫婦は生活が苦しかったため、旦那の親から援助を受けていたそうです。
そのため、旦那の親が日に日に態度がでかくなり言うことを聞くようにと言われることが多くなっていったのです。
妹は旦那に助けを求めましたが、旦那は面倒なことが嫌いなタイプで、妻と親との間に板挟みになる事から逃げようとして妻をかばうことはありませんでした。
さらに、入信すれば親は黙るからここは形だけでも入信するように頼んできたのです。
妹は、話し合いにも疲れてきたこともあり、入信することになりました。
そして入信すると、週に3回も集まりに行かなければいけず、興味のない話を永遠と2時間も聞かされ時間の無駄に思えて苦痛で辛かったそうです。
そして、昔からの友人達とも付き合いをやめて、同じ宗教の方とだけつき合うように強要されました。
そんな生活を続けていると妹は自由がなくなり、行動も制限される日々に疲れ切ってしまい、だんだんストレスがたまり精神的に弱っていったのです。
それで私や親も出てきて離婚手順に詳しい弁護士も交えて離婚させることにしました。
あの時、とても弱りきっていた妹も離婚した後は少しずつ元気を取り戻していきました。

PR|健康マニアによる無病ライフアフィリエイト相互リンク英語上達の秘訣GetMoney生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけんSEOアクセスアップ相互リンク集お家の見直ししま専科家計見直しクラブ心の童話住宅リフォーム総合情報工務店向け集客ノウハウ貯蓄童話初値予想生命保険の選び方JALカード